スパゲッティ カルボナーラ

スパゲッティカルボナーラレシピ

ほとんど カルボナーラパスタ ソースに クリームを入れる方が 多いですよね。 本来カルボナーラはイタリアのベーコン グアンチャーレやベーコンが入った卵とペコリーノチーズやパルメザンチーズで クリーミー にするパスタです 。クリームを入れたのは 変形された方法で、クリームが入り始めた時点では正確ではないが、卵とチーズが不足して、ソースの量が不足しているときに、ソースの量を増やすために入り始めた説 一番 信頼性の高い話ですね。カルボナーラはイタリア石炭鉱山の鉱夫たちの豊かな食卓を作ってくれた料理といって カルボナーラ と呼ばれたとしている。新鮮な 卵黄、香ばしくておいしいパルメザンチーズ、スモーキーな香りに おいしい ベーコン, アルダンテに適度に 煮た パスタ、そして黒胡椒。この5つの材料だけ 用意されて 火の調節が確実にしてくれれば、比較的安価にいくらでも豪華でおいしく完璧な魔法の カルボナーラ が完成されます。ここでは時々ブロッコリー、ズッキーニなんかの野菜を入れてくれたり します。

スパゲッティ カルボナーラ レシピ

スパゲッティカルボナーラの作り方

カルボナーラ 材料(2人分)
スパゲッティ(あるいは他のパスタ)200グラム、海の塩少し、
ベーコン 140 グラム 、ニンニク 2球、卵黄 2個、おろし金に 挽くた パルメザンチーズ 100ミリリットル、 胡椒 1/2 チスプン 、 オリーブオイル 大さじ2 、


スパゲッティカルボナーラの作り方まず最初に ゆったり 鍋に水 多めに 入れ 海塩 少し入れて 沸かします. 水が 沸騰し始めると パスタを 入れて パスタを煮込むの間 ベーコンを 適当な 大きさに切っておいて、ニンニクは 千切りにしておいたんです。

パルメザン チーズ 挽くたと 卵黄を 混ぜて置いてください。
スパゲッティカルボナーラの作り方大き目の フライパンや鍋を 中火に上げ、ファンが熱くたらオリーブオイルとベーコンを入れて炒めてください。 ベーコンが熟したら、ニンニクを入れて香りを出してくれます。

もしパスタが熟す前に ニンニクが黄色く 熟したら火を消しおいてください.

 

スパゲッティカルボナーラの作り方

パスタが アルデンテ (麺が完全に茹で上がらずに麺の中心が髪の毛の細さ程度の芯を残して茹であげることをいう。) 状態で煮たら パスタを取りだし ベーコン 炒めた ファンに入れて中火の上で 混ぜてください.( パスタ のゆで水 捨てないでください )

ガス火を切り、チーズと卵黄混ぜたものを入れてよく混ぜて和えます。パルメザンチーズが 溶けて クリーミーになります。

*この時、ファンの温度が異常に高くなると 卵黄が 熟れて スクランブルエッグのようになりますので、卵黄ソース混合前にパスタのゆで水を 二、三大さじ 入れて ファンの温度を下げていただいても良いです。

あるいは、あまりにも温度が低く、パルメザン チーズが溶けない場合は、 ホット パスタのゆで水 二、三大さじ、その上にかけ混ぜてくれれば クリーミーになります。

すべて混合してから、あまりにもかさかさすると、やはりパスタゆで 水に濃度を合わせてくださって、最後に黒胡椒軽く振りかけ混ぜていただければ終わり。

スパゲッティ カルボナーラ レシピ

皿に盛り、 パルメザン チーズや パセリ 少しかけて 食卓に

スパゲッティカルボナーラの作り方

暖かい時にお召し上がり下さい。

 

コメントを残す